市川教育会館とは

市川教育会館は市川市小・中・須和田の丘支援学校の教職員の拠出金を主たる原資として、市川市教職員の福利厚生、研修等を図る施設として設立されました。


会館全景写真

一般財団法人市川教育会館の出発に向けて

財団法人市川教育会館維持財団

理 事 長  片 野  良 治

  

一般財団法人市川教育会館が、平成25年4月1日をもって、新しく出発をすることになり ました。  前身の財団法人市川教育会館維持財団は、昭和28年に発足し、昭和30年に現在地に市川 教育会館を設立しました。
 平成7年に現在の鉄筋コンクリート造り5階建ての新会館を設立しました。  一般財団法人市川教育会館の目的は、「教育の振興」と「地域の発展」に寄与することにあります。 この目的を達成するための事業を行うことが、私たちの責務となります。その具体的な事業の中心は貸室事業ですが、 市川市に勤務する教職員の研修会場として、さらに市川市民の教育文化向上のための活動場所として、その機能を一層効果的に果たせるよ う、努力していきたいと考えます。 
 また、本会館の維持及び運営にあたっては、市川市公立諸学校の教職員の拠出金を主たる財源としています。教職員及び教育関係者の研修 及び福利厚生事業を充実していくことが求められ教職員の皆様への貢献に鋭意努力して参ります。さらに、本会館の存在を広く市川市民の皆様に知っていただき、会館の有用性をご理解いただくことで、市川教育の信頼性を高めて行きたいと考えます。 
 公益法人として、一般財団法人市川教育会館は、これからも社会のニーズの多様化に配慮しつつ、「公益」という名に値する新しい市川教育会館を創り上げていくべく努力して参ります。
 皆様方の変わらぬご理解とご支援を引き続き賜りますよう、お願い申し上げます。